Return to site

「広島SDGsビジネスコンテスト」最終審査進出企業決定のお知らせ

広島県では企業によるSDGsビジネスの推進を活性化することを目的に、2018国際平和のための世界経済人会議のプログラムの一つとして、広島を基点とした、SDGsビジネスの具体的な取組の創出を図るためのピッチセッションを開催します。

この度、全国から集まった提案のうち、書類審査を通過した提案に対して、金沢会場・大阪会場・東京会場にて一次審査を行いました。一次審査では、一般社団法人Japan Innovation Network ディレクター 小原愛様、金沢工業大学SDGs推進センター長 平本督太郎様、国連大学OUIK事務局長 永井三岐子様、フロムファーイースト株式会社代表取締役 阪口竜也様の4名に審査員としてご参加いただきました。

上記審査委員4名による審査の結果、7社が広島で開催される最終審査に進出することが決まりましたので、お伝えいたします。

進出企業一覧(五十音順)

・空き家活用株式会社(プロジェクトリーダー:和田 貴充)

提案プロジェクト名:シニア世代が空き家調査を実施、空き家の有効利活用で世界とつながる宿泊型コミュニティスペースへ!

・ANAホールディングス株式会社(プロジェクトリーダー:深堀 昂)

提案プロジェクト名:AVATAR教育プラットフォーム

・株式会社エコシステム(プロジェクトリーダー:高田 実)

提案プロジェクト名:すべての都市を次世代都市へ!

・コマニー株式会社(プロジェクトリーダー:塚本 直之)

提案プロジェクト名:「みんなでつくる、キレイな避難所トイレ」プロジェクト

・株式会社テイコク製薬社(プロジェクトリーダー:畠山 兼一郎)

提案プロジェクト名:IFMC.road建設プラン

・株式会社虎屋本舗(プロジェクトリーダー:高田 海道)

提案プロジェクト名:瀬戸内和菓子キャラバン

・株式会社リバースプロジェクトトレーディング(プロジェクトリーダー:河合 崇)

提案プロジェクト名:シルクから始まる新産業創出・地域共創プロジェクト

上記7社は、11月5日に開催される2018国際平和のための世界経済人会議の特別セッション(10:20~11:50)にて最終発表を行います。そして、発表者の中から、広島SDGsビジネスコンテスト最優秀賞、優秀賞の受賞者が選ばれます。また、あわせて一般社団法人BoP Global Network Japanと金沢工業大学によりSDGsビジネスアワードの受賞者が選ばれます。特別セッションの観覧は無料です。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly